大雨特別警報

 今日は7月7日。七夕だ。しかし、昨日からずっと大雨特別警報が出っぱなしである。特に西日本の広域にわたって被害状況がテレビで報道されると、そのたびに心配が続く。何故ならば、いずれの県にも親戚、知人、そして、元生徒達が大勢いるからである。
 それにしても、山も怖い。河川も怖い。広島県の坂町というところに行ったことがあるが、名前の通り、坂だらけ。その坂町にも大きな被害が出ている。
 起伏が多い土地に日本人は無理をして家を建てているような気がする。そこに想定外の大雨が長時間にわたって降ると果たしてどうなるか。結果はわかっている。
 ストレスにはいろいろな遠因があるが、災害被害者のストレスは想像以上であり。体験者でなければわからない。いくらお見舞いの言葉を並べても役に立たない。だが、明日は我が身だ。災害にもストレスにも負けない強靭な精神を養おう。