高齢者福祉を研究するタイ女性

 一昨日、知り合ったタイ女性は、高齢者福祉に関する博士論文を書くそうだが、タイの現状についてはもうほとんど書き上げているとのこと。最後に、日本に於ける高齢者福祉のことを併記するため、4月から4ヶ月の期間、データの収集に来ていることがわかった。
 彼女はタイの高齢女性が一人で暮らしている写真を私に見せた。しかし、老女の周囲には若い女性がいっぱい。さすがはタイ。というか、アジアだ。それに引きかえ、日本では、他人を拒み孤独死をする老人が多い。
 老人ホームや千葉市の区役所で入手したデータは、タイでは今すぐには役に立ちそうもない。だが、タイもいずれは日本と同じ高齢者問題を抱えるに違いないから、研究者は先見性をもって、諸問題を惹起する必要がある。
 幼い時に母親を亡くした彼女(41歳)は、一人暮らしをしている父親(71歳)に、毎晩、電話をしているという。そして、父親に雑貨屋を開いてあげているそうだ。儲けるためではなくて、お金を計算することで、ボケ防止をはかっているとのこと。これぞまさしく高齢者対策だ。彼女はパワフルな実践家である。