還暦の修学旅行

 中学時代の恩師が上京して来られたので、東京圏に在住の教え子が昨晩、招集された。いろいろな話で盛り上がったが、とても印象に残る話を聞かされ、恩師の素晴らしさにあらためて感服した。
 第一期生は現在、77歳。彼らは中学の修学旅行へ行くことをとても楽しみにしていたが、紫雲丸沈没事件(1955年 昭和30年)が起きて、多くの修学旅行生に犠牲者が出たため、先輩達の修学旅行は急遽、中止になってしまったそうだ。
 恩師はその時の生徒達の気持ちをずっと胸にしまっておられた。そして彼らが還暦を迎えた時に、修学旅行を実施。しかも、当時、予定していた旅行のコースをそのまま再現するかたちで…..。
 その話を聞いて、46年後に修学旅行を企画した恩師の優しさ、そして、還暦を迎え、人生の第一舞台から降りて余裕を持った教え子達のはしゃいだ気持ちを、私なりに想像した。