初級から入門へ、中級から初級へ戻る

 タイ語を勉強していると、入門クラス(約6ヶ月)、初級クラス(約1年)、中級クラス(約1年半)へと、どんどん進んで行く。したがって、約3年で所定のテキストは終わってしまう。だが、実際のところ、すべてを理解し、単語を覚えたわけではない。
 たまには、レベルを下げて、初級から入門へ戻ったり、中級から初級へ戻ったりして、もう一度復習することをお勧めする。テキストに書かれている内容が、新しい視点で学び直すことができるからだ。
 別のタイ人講師に教わると、雰囲気が異なる。女性講師に教わるのと、男性講師に教わるのとでは、音程が異なる。男性生徒には、男性講師がいい。
 いずれにせよ、洋裁の返し縫いの如く、進んでは戻り、また進むを繰り返すと、理解力が増す。泰日文化倶楽部では、クラスの移動を自由に認めているから、たまには勉強し終わったテキストを持って、入門クラスや初級クラスに顔を出してほしい。