異業種の飲み会

 泰日文化倶楽部は今日(4月29日)から5月5日(土曜日)までゴールデンウィークの休暇に入った。毎年、2~3名の生徒がまちがって教室にやって来て、「あのー、教室がしまってますが…..」と私に電話をかけてくる。今年もそうかなあと思っているが、何とも致し方がない。
 男性が多いクラスは授業後、居酒屋に寄って、疲れた頭を冷やしているようだ。この1週間、私は3クラスに付き合って、その仲間に入れてもらった。生徒達の職業は実にさまざま。まさしく異業種交換会だ! 
 職業が全く異なるのに、何故、タイ語でつながるのであろうか? それは、個々の生徒にタイとの良き思い出、すなわち、接点が有るからだ。その接点を、将来、もう少し太いパイプにしたいと思ってタイ語を習いに来ていることがわかった。
 思い出のタイから抜け出て、自分自身を生かしてくれる活躍の場としてのタイを彼らは求めている。習ったタイ語がどうか役に立ちますように!