パック君 再登板

 ティウ先生が本帰国のため2月末でお辞めになった。その後、タイ語教師を探していたが適任者がみつからなかった。したがって、現役の先生のコマ数を増やしたり、私が教えたりして3月を乗り切った。
 4月以降もこの体制で行こうと思っているところへ、先週、パック君(東京医科歯科大学博士課程)から1年半ぶりにラインが入って来た。「今年はいつでも教えに行くことができます」
 そこで、私はすぐに返事をした。「それでは水曜日の18:30のクラスと20:00のクラスを教えてください」
 パック君はとびきり優秀なタイ人留学生だ。頭脳明晰で、さらに態度は礼節そのもの。日本語も完璧。日本の若者が書けない文章を彼はさらさらと書ける。彼の育ちの良さも抜群。
 生徒の皆さん、彼からたくさんのことを吸収してください。