吸殻拾いのおじいさん

 最近、バス停近くで吸殻拾いをするおじいさんを見かけた。「すばらしいですね」と、私はおじいさんの行為を素直に褒めた。それに対して、おじいさんも素直に応じてくださった。
 「失礼ですが、何歳でいらっしゃいますか? いつ頃から吸殻を拾い始めたのですか?」と尋ねると、「84歳です。4年前から始めました。週に3~4日、やってます」と、はっきりとした声が返ってきた。
 彼は80歳になった時、自分に任務を課したわけだ。任務は何でもいいが、「道をきれいにしよう!」と自分に言い聞かせたのであろう。
 通りすがりの私が声をかけて、さらに、褒めてあげたのが非常に嬉しかったと見えて、次に会った時、私のことを覚えていてくださった。体格のいい彼。あと10年は街の美化に尽力できそうだ。