金メダル銀メダル

 昨日、羽生君(金メダル)と宇野君(銀メダル)の試合を見てから教室へ行った。「タイ語入門 土曜日16:10」の授業に丁度間に合ってよかった。
 授業で、「勉強する เรียน rian 平声」が出て来たが、生徒達は「rian 上声」で発音する。困ったものだと思ったが、「เหรียญ rian 上声」は、「メダル」の意味を持つから、昨日に限っては、大目にみることにした。
 「金メダル เหรียญทอง」と 「銀メダル เหรียญเงิน」。この発音が正しくできればもっと嬉しい。だが、日本人にとっては、「金 ทอง」も「銀 เงิน」も発音がなかなかできない。
 理由は3つ。1)日本語に無い母音が聞き取れない。2)有気音のทが、無気音のตになってしまう。3)末子音のง(ng) と、น(n)の発音が逆になっている。だから、タイ人には通じない。とにもかくにも聞きとる訓練が必要!