王宮前広場へ(14)

 バンコクに着いたその足で12月8日午前中、御火葬殿を見に行ったが、その夜、ホテルのテレビを見ていると、「今日までの入場者は約280万人です」とアナウンサーが伝えていた。ということは、私もその280万人の中に入っている。翌9日の夜は少し待たされたから、おそらく推定300万人に達したことであろう。外国人は80ヶ国に及んだそうだ。
 12月10日、特に予定を入れていなかったが、泰日文化倶楽部のピカピカ先生のお母様に、御火葬殿の前で立った私の写真をラインで送ると、「えっ、バンコクにいるの? 是非会いたいです」ということになって、御両親と食事をすることになった。食事後、私が泊まっているホテルのすぐ傍の美術館(マーブンクローンの反対側)でラーマ9世の写真展が開催されていると知り、一緒に見に行った。プミポン国王がカメラ好きなのは存じ上げていたが、御自らお撮りになられた写真を拝見するのは初めてであった。とりわけフワヒンの離宮『ไกลกังวล グライガンウォン(憂慮から遠く)=無憂宮』で、愛犬トーンデーン親子を撮った写真は秀逸であった。