人を思えば……..その人が…….

 私は1965年4月から東京に住んでいるから、もう52年半になる。私にとって、標準語はいまだに外国語であり、ペラペラと喋ることができる母国語はあくまでも讃岐弁だ。そして、1969年4月から働いているから、社会人歴48年半。多くの出会いが有り、かつ、別れが有った。しかし、一コマ一コマのシーンはよく覚えている。
 不思議なことは、ふとしたことで誰かを思い出すと、その人が何らかのかたちで私にコンタクトして来ることだ。
 昨日、メールボックスに封書が入っていたのでドキリ。元生徒さんの奥様からであった。彼女のことを数日前に思い出したばかり…..。私のインスピレーションの強さに驚いた。
 元生徒さんは7年前にお亡くなりになったが、奥様は数年に1回、私に封書を送って来られる。はてさて今回はどんなご要望かと思って封を切ると、「タイ女性にタイ語で手紙を書いてくださいませんか」というものであった。奥様には一度もお会いしたことがないが、頼まれると彼女の要望に快く応じる私。こういうわけだから、交友関係が狭まる日は来ない。