タイ語の合成動詞

 タイ語は原則として一音節である。多音節の単語はサンスクリットやパーリ語からの借用語からと思ってよろしい。今日は一つの動詞の意味は知っているが、それが動詞+動詞の合成語になると、さらに発展して独立した意味になってしまう動詞をいくつか列挙したい。
 ① หา(探す) หากิน(探す+食べる=稼ぐ)
 ② ติด(くっつける) ติดต่อ(くっつける+つなぐ=連絡を取る)
 ③ เชื่อ(信じる) เชื่อฟัง(信じる+聴く=素直な態度を示す)
 ④ สั่ง(命令する) สั่งสอน(命令する+教える=教えさとす)
 ⑤ ซัก(洗濯する) ซักถาม(洗濯する+尋ねる=問いただす)
⑥ เรียก(呼ぶ) เรียกร้อง(呼ぶ+叫ぶ=要求する)
 他にも、4つの動詞をつなげて、ทำ(する)+ มา(来る)+ หา(探す)+ กิน(食べる)=生計を立てる、という新たなる表現が生まれる場合がある。たくさんの文章を読んで覚えていくしかないが、努力を重ねれば、豊かな表現ができるようになる。