証明写真の不受理

 一昨日、泰日文化倶楽部の近くに在る写真館へ行き旅券申請用の証明写真を撮った。そして、昨日、それを受取りに行き、その足で都庁の旅券センターへと向かった。何故にこんなに人が多いのかと思うくらい、旅券センターは混み合っていた。
 待つこと20分、やっと私の番になった。担当の女性は私の写真を見て、「これはダメです。粗すぎます」とすかさず言い放った。私は写真館で撮ったことを証明するために、写真が入った小さな封筒を示しながら、「ほら、ちゃんと写真館で撮ったんですよ。画像が粗いというのはとても信じられません」と強気で言った。
 すると、女性は上司のところへお伺いを立てに行った。かなりの時間が経った。そして、上司と一緒に私の前に戻って来て、やはりだめであることを告げた。「ルーペでよく見てください」と言われたので、その通りにした。すると、確かに幾筋もの横線が見えた。
 私は写真館のおやじさんの腕を疑った。プロとは言えない。電話をかけて事実を報告した。よって、再度、作り直しとなった。だが、よく考えてみると、私の顔にいっぱい皺ができ始めているのかもしれない(笑)。