新しいタイ人講師

 昨晩、ミカン先生が後任者候補を教室に連れて来られた。彼女のご出講は8月末までなので、新しい講師を私に紹介したいというわけだ。
 新人講師はチュラロンコン大学工学部を卒業して、目下、東京医科歯科大学に留学中の青年である。来月、25歳(เบญจเพส)になるとのこと。日本には修士号、博士号を取得に来ているが、在日2年半が経過したので、現在は博士課程で研究中。
 泰日文化倶楽部は優秀なる講師に恵まれ、主宰者である私はいつも幸せである。タイへ本帰国する講師には後任者を紹介するようにとお願いしているから、私があわてふためくことは一切無い。
 講師は約2年ごとに変わっていく。従って、3年以上在籍している生徒にとっては、数人のタイ人講師と勉強する機会が有る。日本に留学中の文科省奨学金取得者のタイ人は極めて優秀だ。生徒の皆さん、今以上に気合を入れて、タイ人講師達から多くのものを吸収しよう!