99歳の目標

 昨日、生け花クラスが実施された。猛暑の中、いつもの生徒達があちらこちらから集まって来た。中には山梨県猿橋在住の方もおられる。生けた花は向日葵、レザーファン、そして、スプレーバラの三種。
 授業後、華道講師に尋ねてみた。「お母様はいかがです?」
 講師はこう答えた。「日野原先生が105歳でお亡くなりになったことが、99歳の母にはものすごくショックだったみたいです。母は日野原先生を目標としていましたから」
 それを聞いて、年齢に関係なく目標(เป้าหมาย)を有することはすばらしいことであり、それが長生きの秘訣なんだなあと思った。60歳や70歳はまだ若いほうの部類に入る。70歳を過ぎてからでも何かを始め、そして、憧れの人を想定して、わくわくした気分で毎日を送るようにしたいものである。