青森旅情(11)

 八戸にやって来た2週間前の最初の夜、八戸の中心街を歩いた。「Sawasdee」というタイマッサージ店が一等地に陣取っていた。先日、発表されたばかりの今年のこの場所の路線価格は1㎡が10万円。坪に換算すると、1坪33万円。
 恐山へ行く時にむつ市を経由したが、バスから「ワットポー」というタイマッサージ店が見えた。本州最北端にタイ人が住んでいるっていうこと? 恐山に行くために下北バスに乗っているのに、恐山よりも先にワットポーを参拝しなさいということ?
 本八戸駅のそばに猫カフェが有る。毎日、そこの前を歩いているが、看板にタイ文字が使用されている。気になって仕方がなかったので、その店に入り尋ねた。「何故、タイ文字なんですか?」 店主は答えた。「パソコンで引き出して、ただ絵文字として使っているだけです」
 ニャンとも不思議な感じがした。お金を払い、客として入店すると、黒猫(名前はヤマト)が寄って来て、私の脛をひっかいた。バンコクで猫にひっかかれて病院へ行ったのを思い出した。