一泰一路

 先日、北京で「一帯一路」という会議が行われたが、私にはそれがどうしても「一泰一路」というふうにしか聞こえてこなかった。もちろん、私の勝手な思い込みであるから聞き捨てにしてくださって一向にかまわない。「一帯一路」の大テーマを目指したい方達は、遠い将来、政治的野望はさておき、文化的なつながりにおいて、どうかそれを具現化してほしい。
 今年もかなり時間が経過した。新緑から深緑に代わり、緑陰が嬉しい季節を迎えている。タイが好きな方達は「一泰一路」を再認識し、タイ語の勉強を通じて、タイのことをいろいろと知り、考察を新たにしようではないか。
 タイ語を勉強し始めた方達は勉強が楽しそうである。しかし、学習歴が5年以上経過した方達は学習態度が静かになりつつある。教室は声を出す道場である。思いきり発声して、自分の音感を弾みがあるものにしていこう!