ミャンマー女性の微笑

 昨日、「第109回アジア女性のための生け花講座」が開催された。この講座は2007年1月からスタートしており、今年は10年目。最初から参加している日本人達は、秋にふさわしく、菊の三種盛りを生けた。小原流の色彩盛花様式本位という生け方である。
 ところで、昨日はミャンマー女性が新しく2名、参加された。8月に習いに来られたミャンマー料理店のオーナーがフェイスブックでこの生け花講座のことを紹介し、それを見た彼女達が関心をもったというわけだ。
 日本の生け花は初めてという彼女達のために、華道講師は花材として、オミナエシとリンドウを用意した。講師の指導のもと、美しく生け上がったお花に私は心からの賛辞を送った。そして、記念に写真を撮って上げた。その時の微笑はとても印象に残るものであった。日本での思い出の1ページになったに相違ない。