集中力抜群の煎餅屋さん

 昨日から教室を再開したので張り切って行こうとしたのだが、なんと腕時計の秒針が止まったままであることに気がついた。そこで、いつも電池交換をしてくれるところへ行った。今どき、昔風の時計屋ははやらないので、その店は煎餅屋も兼業している。
 行ってみると、時計屋には張り紙がしてあった。「目下、外出中」 煎餅を焼いているところを見ると、3人でひたすら煎餅をころがしながら、焼け焦げをつけている。時計屋は昼食に出たのであろうと思い、編物教室へ先に行き、3時間後に戻ってみると、「目下、外出中」のままであった、
 ついに、私は煎餅屋の女性を店頭に呼び出して、「いつ頃、戻って来られますか?」と尋ねると、「今、煎餅を焼いております。煎餅を焼いている時は、電池交換はしません。時計なら、お預かりしておきます」と答えた。
 奥を見ると、確かに時計屋が煎餅を焼いていた。煎餅の焼き加減を一律にするために、他のことは一切せず、集中力が肝要であることを初めて知った。