童謡 月の砂漠

 昨日、「第2回 ドイツの白アスパラを食す会」に参加した。昨年とほとんど同じ顔ぶれであったが、ハワイアンを歌ってくださった紳士が、今年は奥様同伴であった。奥様は合唱団で50年も歌っておられる方。みんなの要望に応えて、「月の砂漠」を披露してくださった。
 月の砂漠をはるばると 旅のらくだがゆきました 金と銀とのくらおいて 二つならんでゆきました
 素敵なソプラノに、皆、聞き入った。とても幻想的であった。砂漠とらくだのイメージに吸い込まれて行った….。
 ご主人は最近、ブータンへ合唱旅行に行かれたとのこと。ブータンの小学生と一緒に歌って来られ、帰途、バンコクに立ち寄り、数日、バンコクを楽しまれたそうだ。70歳を越えておられるお二人。素敵なご夫妻であられること!