バンコクぶらぶら(6)

 飼い猫に爪で引っ掻かかれた右手の傷に絆創膏を貼っていたが、そろそろ取り外してもいいだろうと思って剥がしてみると、大変! 引っ掻き傷の他に、血管が黒ずんでいる。これから先、どうなっていくのであろう。
 そこで、20日の朝、スクムビット通り3に在るバムルンラート病院へ行った。私は44年前からタイへ行き始めたが、これまで一度もタイの病院にお世話になったことがない。これ幸いと思い、嬉々として出かけて行った。
 日本語が分かる受付けの方に向かって手順に関して尋ねてみると、「その傷はそのうち治ります」と、まるで医者の如く言った。「でも、私、どうしても治療を受けたいんです」と言って、診察券作成係に進み、診察券を取得。
 16階にある外科へ行くと、看護師が、「ミズ・キーコ」と私の名前を呼んだ。身長と体重、そして、血圧を測定したが、血圧がいつもより上昇していた。
 通訳をお願いするか否か迷ったが、自分のタイ語力を試してみるつもりで、一人で診察室へ。ドクターは日本人みたいな風貌。タイ語がうまいと誉めて下さった。
 カルテを書いて頂き、注射室へ。別の看護師さんが、「ミズ・カイコ」と私を呼ぶ。注射後、渡された用紙を読むと、あと2回、注射をしに来るようにと書いてあった。「3日後には帰国します。1回だけの注射でもいいかしら?」と看護師に相談。看護師は困った顔をした。