手塚治虫が愛した喫茶店「つかさ」

  高田馬場3丁目に有った喫茶店「つかさ」が9月14日をもって閉店した。この店は手塚治虫が愛した店で、そのビルの上には、手塚プロの事務所が有ったところである。
 5月からシャッターが下ろされたままになっていたが、ついに閉店を知らせる貼り紙が出た。
 内容は昭和39年(1964年)から51年間に亘り営業してまいりましたが、父(創業者)が亡くなりましたので、よくよく考えた末、この際、閉店することに相成りました、というものであった。
 多くの老人達に愛されていた店がまたひとつ消えた。
 高田馬場駅前(早稲田口)の山手線ガード下には、鉄腕アトムの壁画が有る。今朝、NHKを見ていると、ノーベル物理学賞に輝く梶田隆章教授のご両親がインタビューで答えておられた。「息子はアトムよりも博士に関心を懐いていました」
 今日、高田馬場へ行ったら、壁画をじっくりと見てみよう。