北千住 → 北干住

 一昨日、ネットでニュースを見ていると、「北千住が北干住に」という見出しがあった。一体、何のニュースかと思うと、駅のホームにかかげられている駅名を入れたボードの中のひとつが、<千>と書くべきところ、<干>の漢字になっているという指摘が通勤客からあったという内容だ。
 なるほど、大勢の乗客は、毎日、全く問題視しないまま、乗降していたということになる。誤字を見つけた方は時間に余裕があったか、あるいは、漢字に敏感な方だと思う。
 私も以前、同じような経験をしたことがある。以前、本を書いた時に、本の背表紙に書かれた本のタイトルが、『タイ語会話』と印刷されているものだとばかり信じ込んでいた。しかし、出版してから1年半後に、生徒から指摘が有った。『タイ語会語』となっていますよ、と。彼女は校閲の仕事をしている方であったので、プロとして、すかさず気づいたわけだ。
 我れ関せず、当たり前、いつも見慣れている、といった状況においては、あまりにも無神経になりすぎている。
 暑いことは暑いが、この猛暑の中で、字の誤りを見つけるために街を探索するのも、案外、面白いかもしれない。