異業種交換忘年会

 タイ語関係の忘年会はほぼ終わった。昨晩は、異業種交換忘年会に出席した。出席者は13名。半分は既知の方々であったが、あと半分は全く初めてだったので、互いに興味深々。
① 陶芸の先生(女性)。しかし、朝5時半から起きて、船に乗り、川の見回りをするバイトをしているそうだ。敬礼が堂に入っていた。
② 陶芸の生徒で、主婦。恰幅のいい方で、世の中の問題をすべて受け入れることができそうであった。タイ料理大好き人間。
③ ②の方の娘さん。卒論が終わってやれやれ。深夜バスで金沢へ遊びに行くそうだ。就職は、介護関係。
④ 翻訳・通訳会社を経営する社長。仕事を下さるといやだから、私は忙しいと牽制しておいた。
⑤ ④の方の奥さん。サワッディー、コープクン、そして、マイペンライだけ知っていた。
⑥ 私のマンションの元住民。今は日暮里に住んでおられる。関西出身だから、彼とは関西弁で話す。
⑦ ⑥の方の奥さん。発声が1オクターブ、高いので、つられて話すと、とてもにぎやかになってしまう。
⑧ アメリカ人の国際弁護士。日本に来た時は、「いただきます」という言葉だけを喋って、日本人家庭に居候していたそうだ。今では、日本人以上に日本語がうまい。
⑨ 沖縄出身の女性。仕事は結婚式の企画。とても美しい方だ。沖縄の歌をたくさん歌ってくださった。手の使い方が分からないというと、「障子を開けたり閉めたりするような仕草を繰り返せばいいのよ」と教えてくださった。
⑩ 誰からも愛されている介護士。「来年こそは婚活をして、彼氏をみつけてね」と、勧めておいた。
⑪ 入谷の洋食店「香味屋」のシェフ。チョコレート・ケーキを作って来てくださった。美味しい!
⑫ 薬膳料理「オンケル」のマスター。手作りの蕎麦はすばらしかった。