果物が嫌いなタイ人講師

 6月から開講した「タイ語入門 木曜日19:00」のクラスは、テキストでは第17課まで終わった。第16課にはタイ料理名や果物の名称が出てくるので、復習を兼ねて、好きな料理や果物、そして、飲み物を列挙するように生徒達に言ったところ、発音が難しいらしく、彼らの発音ではいずれもタイ人に通じる様子がみられなかった。
 ミカンの「ソム」もだめであった。そこで、たまたま買って持っていたミカンをみんなに1個ずつ配った。すると、タイ人講師がこう言った。「僕は果物を食べません」 
 それを聞いた生徒達は全員がびっくり。「タイは果物の王国なのに、食べないのですか?」
 このような会話がなされると、これから先、生徒達は果物の話に敏感になるであろうと私は思った。私が演出したミカン効果も授業の一環として役に立ったはずである。