御嶽山噴火

 27日の土曜日、生け花を習いに来ている生徒さんに「今日、何かニュース、有りましたか?」と尋ねると、「みたけさんが噴火しました」と言った。それを聞いて、「御岳山? 東京の?」と、半信半疑で訊きかえすと、「岐阜県と長野県のほうです」と彼女は答えた。
 さっそく、スマホでニュースをチェックすると、その山は「御嶽山(おんたけさん)」であった。歌にもある<木曽の御嶽山>だ。
 昨日、そろそろ10月だからと思って、教室の壁に架けてあるカレンダーをめくった。すると、10月の写真は、山の写真であった。そして、俳句が添えられていた。
 「信濃路や どこまで続く 秋の山」(正岡子規)
 この句からはとても穏やかな山々が想像できる。だが、自然は怖い。時には牙をむき出して襲ってくる。