留学生のタイ人講師達

 泰日文化倶楽部では、現在、4名のタイ人主婦と4名のタイ人留学生がタイ語を教えている。今日は4名のタイ人留学生達の近況をご紹介したい。
 ①アイス先生=愛称の由来はアイスクリーム。おそらく彼女のお母様がアイスクリームが大好きだから、そのように命名されたのであろう。アイス先生はすでに夏休みをとって、目下、タイに帰省中。泰日文化倶楽部では、ここ10数年、東京医科歯科大学に留学しているタイ人にお願いしてタイ語を教えに来ていただいている。彼女も歯医者さんの卵だ。非常に理論的な頭脳の持ち主だから、男性の生徒達の評判はすこぶるいい。
 ②ペー先生=愛称の由来はフランス語のプペー(人形)から。バンコクに在るアジアホテルの創始者のお孫さんだ。東京海洋大学で研究を続けておられるが、今年は博士論文をまとめなくてはならないので、とても忙しそう。泰日文化倶楽部では、東京海洋大学のタイ人留学生にも長年にわたり講義を依頼している。理科系の学生はさっぱりしていて非常にいい。
 ③アン先生=愛称の由来は、英語の<earn 稼ぐ>。「日本人の皆さんは発音できません。ですから、アンと呼んでください」と、彼女はいう。日本のアニメーションが大好きなので、アニメーションの専門学校に通っている。昨晩、電話が有った。「就活をするので、9月まで休ませてください」、と。
 ④トン先生=愛称の意味は、「木」ではなくて、「元」。万事の元、始まりという意味だ。泰日文化倶楽部で唯一の男性講師である。タイでは英語教師も経験したことがあるとのことで、授業態度には熱いものが感じとれる。外資系の会社を休職して、今年4月に来日し、目下、日本語を勉強中。主に「タイ語入門」を担当していただいている。彼は8月中も授業を担当してくださるとのことなので、一安心だ。