バンコク散策(4)

 初日の昼の外出は4時間にとどめて、午後2時半に一旦ホテルに戻った。思ったほど暑くもないバンコクなのに、非常に疲れた。午後5時まで爆睡する。
 午後6時、ホテルからアソーク駅に向かって歩く。閉鎖されたアソークの交差点。なんだかバンコクの血流が止まってしまった感じだ。アソーク駅からトンロー駅へ。トンローのソイ12にあるレストラン「桜や」へ向かう。この店は、泰日文化倶楽部の元生徒がマネージャーをやっている。つい最近、オープンしたばかりなのでお祝いに行くという目的が有った。
 のんびり歩いていると、いずれ着くだろうと思っていたが、トンロー通りはきわめて長い。果物売りのおばちゃんに、「ソイ12はあとどのくらい?」と尋ねると、「歩いて行くのは無理、無理。バイク・タクシーで行きなさい」と言われた。午後7時にその店で、上智大学で教えた元学生と会食をすることになっていたので、だんだんあわて始めた。バンコクでは一度もバイク・タクシーに乗ったことがないが、「よし、乗ろう」と決めて、バイクのおっちゃんの腰に手をまわしてしっかりつかむ。
 夕方のラッシュ時だから車が多い。その車の中を縫うようにして奇数側から偶数側へと右折する際には、さすがにひやひや。対抗車線の車は止まってくれても、バイクは止まってくれない。衝突したらおしまいだ。バイク代は20バーツ。かくして、会食時間の10分前に「桜や」に到着。泰日文化倶楽部の元生徒さんに開店のお祝いを述べた。