偶然の一致(co-incidence)

   昨日の昼、泰日文化倶楽部のS講師と小さな忘年会を持った。彼はタイ人講師が休んだ時に快く代講してくださるので、私にとっては有難い存在である。来年のぶんまでしっかりとお願いしておいた。彼は、年末のご挨拶ということで、私にワインをプレゼントしてくださった。「僕が日本に帰って来たのは2000年です。その年のワインを選んでみました」と、彼は言葉を添えた。
 帰宅して、テレビをつけたものの、年末だから、案の定、どれもこれも面白くない。仕方なく、旅番組を見ることにした。フランスのボルドー周辺を紹介していたので、フランス語の勉強も兼ねて見た。ワインの産地のサン・テミリオンはとても風雅で、中世の雰囲気をたたえる街であった。
 番組を見終わったあと、S講師に頂いたワインを袋から取り出すと、なんとそのワインは、サン・テミリオン産のものであった。偶然の一致(co-incidence) !
  平凡な毎日を過ごすことは、それ自体、幸せなこと。だが、日常生活の中にこのような偶然の一致が有ると、生きていて面白くなる。来年はいくつ、このような偶然性を楽しめることよ。