大学生 と タイ語

  上智大学での春期講座の試験が終了したあと、学生達にタイ語の勉強が楽しく感じられたか否かを聞いてみた。すると、ほとんどの学生が「楽しかったです」、と答えてくれた。そして、秋期も受講する意思を示しながら、教室を出て行った。
  その中の学生がこうつぶやいた。「1年生の時からタイ語を取っていればよかったなあ」、と。しかし、大学1年から2年にかけては取らなければならない専門科目が多すぎて、とてもタイ語には気がまわらないという学生が一般的である。そして、3年からは就職のことが気になり始めるから、特殊な言語を学ぶ余裕がない。
  いずれにせよ、私は次のように言った。「遅すぎるということはありません。タイへ旅行すれば、すぐに上手になります。さあ、タイへ行ってらっしゃい!」