日々、研鑽を積む

  先日、NHKのEテレで、「バレエの祭典」という番組が放映された。日本のバレエ界を牽引する有名な若手バレリーナが一堂に会したもので、とてもすばらしかった。
  その中に、目白駅前にあるKバレエ研究所の先生も出演しておられた。その研究所は目下、ビルの建て替えのため、隣りの場所に移動しているが、工事が本格的に着工するまでの約3年間、他のテナントは出て行ったのに、未来のバレリーナ達は最後の最後まで残って、最上階の稽古場で夜遅くまで稽古を続けていた。私は窓の灯りから勇気とやる気をもらっていた。
  その日々なる研鑽の努力が、K先生の動きに凝縮されているのを見て、「ああ、美しいなあ!」と思った。